男性と女性の抜け毛の原因

近年では、男女ともに薄毛・抜け毛に悩まされる人が増えてきました。
薄毛や抜け毛の原因・症状は、男性と女性で異なります。

男性の薄毛は男性ホルモンの増加、一方、女性の場合は女性ホルモンの減少が原因となっています。

男性に最も多くみられる症状である男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加が原因となっています。
また、男性の薄毛は、遺伝的要素も大きく関与し、「男性ホルモン」の影響を受けやすい遺伝的特質を持っていると薄毛になりやすくなります。

女性の場合、遺伝による影響は少なく、老化、更年期障害、ホルモンバランスの乱れによって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位に立つことが原因で薄毛になることが多いです。


薄毛の症状

男性と女性では、薄毛の進行の仕方が違ってきます。

男性の薄毛は、額から脱毛が進んでいくM型、頭頂部から脱毛が進むO型と、M型とO型が両方が混じった状態で進行する複合型の3つのタイプに分けられます。

また、髪の一部分がまとまって抜けるケースが多く、頭頂部や前頭部などが一気に薄くなり、地肌が見えてきます。

一方、女性の薄毛の場合、すべてが抜けるのではなく、髪の毛自体が細くなることによってボリュームがなくなり、地肌が透けて見えてくることが特徴となっています。脱毛の症状も頭髪の一部にだけではなく、頭髪全体に広がって、全体的に薄くなります。




女性の抜け毛は改善しやすい

男性の抜け毛とは違い、女性の場合は髪の毛の1本ずつが細くなるので、ある程度の長さは保たれます。

女性特有の薄毛の原因には、老化や更年期のほかに、毎日の生活習慣、ストレス、パーマやカラーリングのやりすぎなどが考えられます。

そのため、女性の薄毛は、育毛剤で頭皮に栄養を与えたり、生活習慣を改善することにより、育毛効果が高くなります。女性の場合、年齢に関係なく薄毛を改善しやすい傾向にあります。したがって、年のせいだとあきらめないことが大切です。